ポリシーZERO FACTORYの使う革

未完成の革・・・

ゼロファクトリーの考えは、使用する方が生活して行く中で、革を育てていく物だと考えております。
製作されたばかりのアイテムはまだ未完成で、そこがゼロ(スタート)で使用する人の歴史を刻んで初めて
完成されて行くものだとかんがえます。

 

イタリアンレザー・・・

ゼロファクトリーで使用されている革は、イタリアの中部にあるトスカーナー地方で伝統的な製法で鞣されたハンドメイドレザーを使用しています。その中でも、特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い天然植物タンニンで鞣しタンブル(シボ出し)加工された革を使用しております。

イタリアの職人によって1枚1枚丁寧に鞣されたイタリアを代表する最高級のレザーを使用しております。
さらにその中でもゼロファクトリーが厳選したレザーのみを使用しております。
天然のオイルを時間の掛け、たっぷり染み込ましたレザーは時が経つにつれて、革の風合いや色・ツヤを楽しむ事が出来るでしょう。

  イタリアンレザー

 

皮から革へ・・・

「鞣す」なめすとは・・・

皮を鞣す」また「鞣し皮」の「鞣す(なめす)」とは、どんな意味なのでしょうか。
動物の皮は、柔軟性に富み非常に丈夫ですがそのまま使用するとすぐに腐敗したり、
乾燥すると板のように硬くなり柔軟性がなくなります。
この大きな欠点を樹液や種々の薬品を使ってこの欠点を取り除く方法が「鞣し」と言います。
鞣していない状態を「皮」と呼び、鞣したものを「革」と呼び区別しています。

「タンニンなめし」

天然タンニンは「渋」のことです。木の皮・小枝・木の実・木の葉などから抽出したタンニン物質です。
渋の種類や性質は千差万別で、すべての渋がなめし剤として使用されるわけではありません。
タンニン含有量が多くなめしの効果がよいものはごく少数です。
立体化するバッグや小物に適した鞣しかただと言えます。

「クロムなめし」

金属鞣しの一つで鞣し剤に塩基性硫酸クロム塩を使用します。
この方法が最も多く用いられています。特性は、柔軟性があり伸びが大きく弾力があります。
しかも耐熱性があり靴の甲革、袋物、服飾用など利用範囲が広い。
植物タンニン革に比べ鞣し剤の結合量が少ないので軽く、吸湿性も大きいと言われています。

 

●ゼロファクトリーでは、
 伝統あるイタリアのタンナー(なめし職人)の手で一枚一枚時間を惜しむ事なく費やした革を使用しています。

イタリアCuoificiompg社

取引会社の一部のタンナー様の御紹介!

イタリアのCuoificiompg社のタンナーSandra Giardi(サンドラ)様です。
Cuoificiompg社は、有名ブランドの「PRADAプラダ」にも卸している有名な
タンナー会社です。

 

◆作品に使われるこだわりの素材たち

革 イタリアンレザー ミシン糸 金具 925シルバー 生地 シルク